産業廃棄物処理について学ぶ|混合廃棄物の選別アイデア大公開

作業員

ゴミの種類を知る

工場

ゴミは一般廃棄物と産業廃棄物の2つがあり、それぞれ処理方法が違います。一般廃棄物は各地方自治体などのルールに従って処分する必要があるので、埼玉県に住んでいたら埼玉県のルールを守りましょう。

Read

廃棄物を正しく処分

工場内

我々が社会生活を送っていく上で大量のゴミが発生し、ゴミの種類によって処理方法が定められているので把握した上で処理を行なうようにしましょう。廃棄物の処理方法を誤ってしまうと廃棄物処理法によって罰せられてしまいますので注意が必要です。廃棄物は一般家庭から出た生活ゴミなどの一般廃棄物と、事業活動によって生じた産業廃棄物の2つに大別されます。生活ゴミは各市町村に処理を任せることが出来ますがそれぞれの土地によってルールが違いますので、埼玉に住んでいるなら埼玉のルールに従って廃棄物を処理しましょう。
産業廃棄物処理はそれぞれの行なう必要がありますので、どのようにして産業廃棄物処理をするのかを知っておきましょう。基本的には事業所で出た廃棄物を減容処理して最終処分場に持っていくという過程になりますが、廃棄物の種類によっては適切な処理方法が違いますので間違えないようにする必要があります。産業廃棄物の処理にかかる手間とコストを削減したいのであれば、専門の産廃処理業者に依頼をするという方法もあります。
建築現場や解体現場では様々な種類の産業廃棄物が混ざっている混合廃棄物が多く発生します。産業廃棄物の量を減らして再利用できる廃棄物をリサイクルしていく必要がありますので、混合廃棄物の選別を行ないましょう。混合廃棄物の選別を行なうための機材を販売・レンタルしている業者もありますので、そのような業者を利用して混合廃棄物を効率よく選別しましょう。

処理に必要な過程を知る

女性作業員

産業廃棄物は各地方自治体に処理を依頼する事はできませんので、それぞれの会社で処理を行なう必要があります。産廃処理をどのように行なうのかを知って、正しく処理を行ないましょう。

Read