産業廃棄物処理について学ぶ|混合廃棄物の選別アイデア大公開

作業員

処理に必要な過程を知る

女性作業員

事業活動で生じた廃棄物を産業廃棄物と言い、一般廃棄物のように各市町村で処理してもらうことは出来ませんので適切な処理方法を知っておきましょう。事業活動で生じたゴミの中には特定の事業活動でのみ産業廃棄物に分類されるものと、どの事業活動でも産業廃棄物に分類されるものがあります。焼却されたあとの燃え殻などは、どの事業活動でも等しく産業廃棄物としてみなされます。その他にも排水処理後に生じる汚泥や廃油や廃アルカリや廃プラスチックなどは全て産業廃棄物に含まれます。その他にも製造業などで生じる金属くずやゴムくずやコンクリートくずなども、産業廃棄物として扱われますので注意が必要です。
産業廃棄物にカテゴライズされたものの処理は3つの過程で行なわれますので把握しておきましょう。まずは事業所で発生した産業廃棄物を集積して、中間処理施設に運搬する必要があります。中間処理施設に運搬された産業廃棄物は、減容されたり有毒物質を無毒化されたりといった処理がおこなわれます。産業廃棄物の減容として行なわれているのが、細かく破砕するといったことや水分を抜く脱水や圧力をかけて小さくする圧縮や、焼却などがあります。中間処理施設で減容化された産業廃棄物は、最終処分場という場所に運ばれて埋め立て処理をされます。このようにして産廃処理が行なわれますが、専門の産業廃棄物業者に依頼して産廃処理を代行してもらうこともできます。自社で産廃処理を行なうのであれば減容などに必要な機材を購入して、産廃物処理を行ないましょう。