産業廃棄物処理について学ぶ|混合廃棄物の選別アイデア大公開

作業員

ゴミを選別して処分

男性

産業廃棄物の中で処理が難しいとされているのが、処理方法が違う様々な種類の廃棄物が選別されずに混ざり合っている混合廃棄物です。混合廃棄物は主に建築現場や解体現場などで多く発生し、木くずや廃プラスチックや廃石膏ボードやガラスやコンプリートや塩ビ管など多種多様な廃棄物が混在しています。このような混合廃棄物を十把一絡げに焼却処理してしまうと、本来は焼却処分に適していない産業廃棄物や再利用出来る産業廃棄物までリサイクルすることが出来なくなってしまいます。産業廃棄物を減らして再利用出来るものはリサイクルしていくことが求められている昨今において、混合廃棄物の選別は非常に大きな課題となっています。
混合廃棄物を削減していく為に必要なこととして挙げられるのが、各建築現場で廃棄物の種類別に解体作業を行なっていくということです。処理方法別に解体作業を行なうのは時間と手間がかかってしまうという場合は、産業廃棄物を種類別に選別することが出来る機材などを導入すると良いでしょう。混合廃棄物を選別する機材として代表的なのが振動ふるい機で、ゴミを振動させることによって細かく種類別に選別することが出来る機材です。振動を与えることによって軽い紙やプラスチック等は動きますが、重いコンクリートや石膏などは動かないので選別をすることができます。その他にも磁力を発している鉄を選別するという機材や、手動で産業廃棄物を選別するためのベルトコンベヤーなども登場していますのでこのような機材を使って産業廃棄物を選別していきましょう。