産業廃棄物処理について学ぶ|混合廃棄物の選別アイデア大公開

作業員

ゴミの種類を知る

工場

我々人間が社会生活を送る上で生じてしまうゴミのことを廃棄物と言い、廃棄物の種類によって処理の方法が変わってきますので注意が必要です。廃棄物は大きく分けて一般廃棄物と産業廃棄物の2つに分けられ、それぞれで処理の方法が違いますのでどれが一般廃棄物でどれが産業廃棄物にカテゴライズされるのかを知っておきましょう。
一般廃棄物とは産業廃棄物に分類されない廃棄物の事を指し、具体的には家庭から出させる生活ごみのことを指します。一般廃棄物は市町村が行なうゴミ収集サービスを利用して処理することが出来ますので、各地方自治体のルールを確認して処理するようにしましょう。例えば埼玉と他の県とはゴミ収集のルールに違いがありますので、埼玉に住んでいるという方は埼玉県のごみ処理ルールにしたがってゴミを処理しましょう。
産業廃棄物とは事業活動を行なうことによって排出されたゴミのことで、学校や自治体やNPO団体が出したゴミのことを産業廃棄物となります。事業活動を行なうことによって生じた廃棄物の中でも、業種によっては産業廃棄物扱いにならないものもあります。紙くずや木くずや繊維くずといったごみは基本的には産業廃棄物に分類されませんので、飲食店などで出る割り箸や紙コップや不用紙などは一般廃棄物と同じ扱いになります。ただし、紙製造業やパルプ製造業や新聞業などで発生した紙くずなどは産業廃棄物に分類されますので注意しましょう。産業廃棄物と一般廃棄物の廃棄方法を間違えると、廃棄物処理法によって罰せられ、五年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処されてしまいます。適切な処分方法で産業廃棄物を処理しつつ、処理の手間を省きたいのであれば専門の業者に依頼するという方法もあります。埼玉県にも数多くのゴミ処理業者がいますので、その中でも評判の良いゴミ処理業者に依頼して処分するようにしましょう。